読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画・マンガ・まんが!

漫画を読むのが大好きでして。。。

激動の戦乱時代、2人の少年が邂逅する。『キングダム』第一巻!

今回は、『キングダム』第一巻を読みましたので感想を。。。

 原泰久先生の作品で、週刊ヤングジャンプで2009年から開始し、現在も連載中の作品です。

あらすじ

紀元前。500年の戦乱が続く春秋戦国時代

中国大陸西方の国・秦の片田舎に『信(しん)』と『漂(ひょう)』という2人の戦災孤児がいた。下僕の身分ながら”戦に出て自らの腕で出世を果たし天下に名をとどろかす大将軍になる”という夢を抱き、日々剣の修行に明け暮れる2人。

やがて秦の大臣である『昌文君(しょうぶんくん)』に見出され漂が士官する。

そしてある夜、残された信の元へ深手を負った漂が戻ってくる。息絶えた漂から託され、信が辿り着いた場所にいたのは漂と瓜二つの少年だった。

この少年こそ秦国・第31代目の王である『政(せい)』であった。

政の弟成蟜(せいきょう)による反乱に巻き込まれて命を落とすことになった漂。

 

政に怒りをぶつける信だったが、自らに託された漂の思いと自らの夢のために、「王弟の反乱」そして乱世の天下に身を投じるのだった。。。

感想

『アメトーク』などでも取り上げられ、かなり有名になった”キングダム”を今更ながら読んでみました(ΦωΦ)

三国志』よりも、『項羽と劉邦』よりもさらに前の時代のお話です。

主人公は”天下の大将軍”を目指す信、、、人相が激しく悪い!(ᅙωᅙ)ですがまっすぐな想いを秘めた行動力の塊のような少年です。

そして亡くなった友・漂に瓜二つの政。秦国の国王で、後の『始皇帝』と呼ばれる人物です。万里の長城の建設や不老不死を求めたことなどで非常に有名ですね。

 河了貂(かりょうてん)という不思議な格好をした山民族の子供も出てきます。

この漫画は出てくるキャラクターがすべて濃いですね。絵柄の独特さも合わさって好みは別れると思いますが、読み始めると止まらなくなります。

結論から言うと非常に、面白い!!

この感想を早く書いて次の巻を早く読みたい!って感じですね。

この巻での私のお気に入りのシーンは、漂を亡くした激情を政にぶつける信に対して

だけどあいつは失敗した。 それだけだ。 

と政が言い放つシーンですね。この周辺のシーンに信と政の漂への想い、現状の厳しさ、そして戦い続ける覚悟が描かれています。

やはり言葉だけで漫画の魅力を伝えるというのは難しい。。。です!頑張ります。

皆さんも読んでみてくださいねー!