読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画・マンガ・まんが!

漫画を読むのが大好きでして。。。

善人?悪人?境界線は?『刻刻』第六巻!

 第六巻を読みましたので感想を。。。

あらすじ

樹里の父・貴文は考える『止界術があれば現実の生活を変えられる』と。『止界術を自分の主導権におけないか?』と。

神ノ離忍(カヌリニ)の力に順応し、異様さを増す佐河。その一撃に倒れた飛野は死ぬ直前に自意識を保てなくなり、新たな神ノ離忍(カヌリニ)と化した。

そんな中、樹里は兄の翼の救出に成功する。

そして樹里の甥・真が蠢く神ノ離忍(カヌリニ)と変貌した飛野を”操作する”能力に目覚める。。。

感想

第六巻では樹里の父・貴文の腹黒い一面が出てきちゃってます(⌒-⌒)

といっても『世界を止める』力をもし自分が持っていたら。。。と考えると、やっぱり悪いことは考えちゃいますよね。

そこまで堕ちたくはない、と思いつつ愚行も『視野』に入ってしまうのが人間ではないでしょうか?善人と悪人の境界線もぼやっとしているので。

 さてそんな貴文の野望もこの巻で知らぬ間に砕かれてしまいます(^▽^)/

 ぜひぜひ自分の目でお確かめください!

刻刻(6) (モーニングコミックス)

刻刻(6) (モーニングコミックス)