読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画・マンガ・まんが!

漫画を読むのが大好きでして。。。

日本独特の空気感にファンタジーをリアルにぶち込む『刻刻』第一巻

 『刻刻』(こっこく)と読みます。タイトルだけだとどんなマンガかさっぱりわかりませんでした。

堀尾省太先生による作品で、増刊モーニング2で2008年から2014年まで連載されていた漫画です。

主人公の佑河樹里(ゆかわじゅり)は求職中の28歳の女性です。家では引きこもりの兄・翼(つばさ)、会社をリストラされた父・貴文(たかふみ)、隠居の祖父・じいさん(名前は特に表記無し)が暇を持て余していて、あきらめムードの漂う家庭に少しイラつきを感じています。

そんなある日甥・真(まこと)が翼と共に誘拐され、身代金を要求されますが指定された時刻に間に合わないと確信します。

その時、じいさんが代々『佑河家』に伝えられてきたという『止界術』を使い世界の時間を止めます。ドラえもんの道具さながらですね!

『時間を止める』。。。子供のころにどれだけ夢見たでしょうか?

時間が止まっている状態の世界『止界』を自由に歩き、真と翼を助けに行く三人。

しかし二人を発見し、連れて行こうとするさなか、なぜか止界を自由に動ける『真純実愛会』という宗教団体に襲われ。。。

というストーリーです。

 

いつもの日常に、伸びる影のように侵入してくる『暴力・狂気』に驚いているところへ『時間を止める』ファンタジーな要素をぶち込み、ストーリーは激流のごとく進んでいくのですが、一般の日本の家族要素がリアルに描かれていて、思わず笑ってしまう一コマも多々ある作品です。

『変わった漫画読みたいなー』と思っている方にぜひ読んでほしいですね!

 ちなみに第一話は

刻刻 / 堀尾省太 - モーニング公式サイト - モアイで試し読みやってますよー。

刻刻(1) (モーニングコミックス)

刻刻(1) (モーニングコミックス)